塾や通信教育の費用とは

チャイルドナビ

チャイルドナビ トップ > 塾や通信教育にかかるお金

塾や通信教育などの補助学習費

教育費がかさむ原因の1つになっているのが、塾代や家庭教師代などの「補助学習費」です。以下のデータは、文部科学省「子どもの学習費調査」(平成18年度)の中の、幼稚園から高校までにかかる補助学習費の内容を抜粋したものです。

子どもの学習費調査で見る塾・通信教育費等

幼稚園、小学校、中学、高校別に、補助学習費の内訳を見てみましょう。金額は平均年額です。小学校なら6年、中学・高校なら3年と、学年が上がるにつれて金額もアップしますが、ここでは平均額で見ていきます。

幼稚園

公立
通信教育 21,278円
家庭教師 4,171円
学習塾費 10,640円
私立
通信教育 22,190円
家庭教師 4,874円
学習塾費 20,096円

小学校

公立
通信教育 23,795円
家庭教師 14,702円
学習塾費 61,622円
私立
通信教育 50,181円
家庭教師 39,128円
学習塾費 196,130円

中学校

公立
通信教育 21,436円
家庭教師 32,052円
学習塾費 176,030円
私立
通信教育 34,646円
家庭教師 34,543円
学習塾費 118,499円

高等学校(全日制)

公立
通信教育 22,212円
家庭教師 20,418円
学習塾費 79,128円
私立
通信教育 27,681円
家庭教師 22,570円
学習塾費 144,389円

データはあくまでも平均ですので、塾に行っていない人も含めた人数割のデータであり、塾に行っている人だけの平均ではありません。前掲のデータを見て、「公立中学校の学習塾費は年平均17.6万円かかる」とか「私立高校の学習塾費は年平均14.4万円かかる」、などと考えるのは早計です。実際に塾に通う場合、塾や学年、科目数、受験対策か補講かなどによっても異なりますが、入会金、月謝、模試、夏・冬講習などで、年間30万~100万円、あるいはそれ以上かかるケースもあるでしょう。年間15万円で済むような塾はかなり限られてきます。

さらには、塾+家庭教師、通信講座+塾、通信講座+家庭教師などと、複合的に利用する人もいて、その場合にはさらに費用がかかります。上記のデータを「かかる費用」と考えていると、読み間違えてしまう可能性があります。実際には、塾、通信教育、家庭教師代などはもっとかかるのが現実ですので、注意しましょう。

文部科学省「子どもの学習費調査2006年度」による