高校・大学が私立コースの費用とは

チャイルドナビ

チャイルドナビ トップ > 高校から私立コース

高校から私立コースでかかる費用

高校から私立の場合の教育資金準備の目安額を整理しましょう。幼稚園から大学までの目安額は次の通りです。

♦高校から私立(幼稚園は私立、大学は国立・自自宅通学)=約785万円
♦高校から私立(幼稚園は私立、大学は国立・自宅外通学)=約1140万円
♦高校から私立(幼稚園は私立、大学は文系・自宅通学)=約1599万円
♦中学から私立(幼稚園は私立、大学は文系・自宅外通学)=約1939万円

貯める時期

大学まで行くための資金は、ある程度は準備しておきたいものです。「高校から私立」の進路の可能性を考える場合、貯められる時期は中学校2~3年くらいまでと考えられます。受験対策で塾に通う可能性の高い中学3年の時期は、塾代がかかってくると想定されるため、実際には中学2年までに貯めておいた方が安心です。毎月の収入で賄えるのであればいいのですが、高校・大学の時期などに賄えない時期が予想される場合には、中学2~3年までに高校・大学の時期に補填する分を貯めておくと安心です。中学3年までは、基本的に毎月の家計でやりくりするということになります。

貯める目安額

「高校から私立」の可能性もある場合に、子供の将来のための教育資金は、いつ頃までに、どれくらい準備をすればいいのでしょうか。目安額としては、高校・大学でかかる費用の半分程度をストック(貯蓄)、残りをフロー(月々の家計)で賄うと考えた場合、大学が国立で自宅通学なら300万~350万円、下宿なら500万~550万円、大学が私立で自宅通学なら400万~450万円、下宿なら600万~650万円となります。
*私立高校の就学支援金が年最低12万円、3年間で36万円を引いて試算しています。
当然ながら、全額をフローでまかなえる場合は貯蓄の必要はありません。また、中学校までは家計でまかなうことも前提になります。

貯蓄目標額の目安
高校から私立⇒中2までに目途をつける
 *半分程度をストック、残りをフローでまかなう場合
♦大学が国立
自宅通学の場合 : 300万~350万円
下宿の場合 : 500万~550万円
♦大学が私立
自宅通学の場合 : 400万~450万円
下宿の場合 : 600万~650万円

ただし、上記はあくまでも目安に過ぎません。学校によっても変わってきますので、調整が必要です。「子ども手当」をしっかりストックしておくなど、将来の選択肢も広げる準備も大事です。

文部科学省「学習費調査(平成18年度)」、「私立大学等の平成19年度入学者に係る学生納付金等調査結果」
日本学生支援機構「平成18年度学生生活調査報告」
日本政策金融公庫総合研究所「平成18年度家計における教育費負担の実態調査」による